自転車でソロキャンプ!おすすめのグラベルロードと必要な道具を紹介

自転車キャンプってご存じですか?
日本では2020年頃からグラベルロード(砂利道でも走れる自転車)という自転車が流行り出してから徐々に浸透してきたキャンプスタイルで、最近では専用のイベントなんかも開催されています。

なぜ、グラベルロードが流行り出したのかというと、海外で人気になっているアドベンチャーツーリング(荒野などを何日もかけて旅をする遊び)と日本のキャンプブームが影響していると思います。まだまだ認知度が低く情報があまり無いと思うで、今回は自転車キャンプの始め方について記事を書いていきたいと思います。

自転車キャンプに向いている人と向いていない人

まず、自転車キャンプを始めるにあたって向いていない人の特徴を伝えておきます。
なぜ、そんなことを言うのかというと、自転車キャンプを始めるにはある程度お金がかかるからです。
せっかく買っても続けられないなら無駄になってしまうので、以下の点をチェックして見てください。

自転車キャンプに向いていない人の特徴

①自転車に興味がないor好きじゃない
過去に自転車に乗って楽しいと感じた事がない方は、自転車キャンプには向いていないと思います。
なぜかというと、自転車キャンプで目的地とするのは、数十キロ先のキャンプ地だからです。
楽しくもない事を体力を使って続けられないですよね!
②グループキャンプが好き
グループキャンプもソロキャンプもどちらも好きであれば問題ありませんが、キャンプは仲間と一緒じゃないと楽しくないと感じる方は向いていないと思います。
これはキャンプでも言える事ですが、誰かと予定を合わせるのって結構大変ですよね!
自転車キャンプはまだまだ人口が少なく、同じ趣味の仲間を見つけるのは結構難しいため、ソロキャンプを楽しめないと難しいと思います。
③オートキャンプの経験しかない
残念ながら自転車キャンプは初心者には少しハードルが高いです!
気合と根性で20kg以上の荷物を自転車に積んでキャンプをするなら話は別ですが、自転車の積載量にも限度があります。
そのため、ある程度キャンプ道具を軽量化できないと自転車キャンプは始められません。
少なくとも40Lのバックパックにキャンプ道具一式を詰められる知識と経験が必要です。
④キャンプ道具にお金をかけたくない
自転車キャンプにはお金がかかります。
なぜかと言うと自転車に積めるキャンプ道具には限度があるからです。
キャンプ道具を軽量化しようと思った場合、品質が高く軽量なものを選ぶ必要がありますが、そういったものは価格が高い事が多いです(安くて良いものもありますが)

自転車キャンプに必要な道具

それでは、自転車キャンプにはどのような道具が必要なのか、項目に分けて紹介して行きたいと思います。

おすすめの道具はリンクを貼っておきますので参考にしてみて下さい!

自転車

まず最初に必要なのは自転車ですよね!
それではどのような自転車を買えば良いのかというと、初めて買うならグラベルロードが良いと思います。
なぜ、グラベルロードが良いかというと自転車キャンプ向いているからです。

特長ロードバイクグラベルロードマウンテンバイク
重量軽い普通重い
スピード早い普通遅い
積載量少ない多い普通
距離長距離中距離短距離
耐久性低い普通高い

上の表を見てもらえるとわかると思いますが、ロードバイクは長距離を早く走るための自転車で、マウンテンバイクは悪路を走破するのに向いています。
ただし、どちらも自転車でキャンプをするためのものでは無いので使用用途が違います。
それに比べてグラベルロードは、ある程度の距離を走れて荷物も多く積めるので、自転車キャンプに適したバイクだと言えます。

ちなみに自転車の価格ですが、安いものだと10万円以下、高いものは数十万しますが、とりあえず初めてみたい方は10万円前後の自転車を選ぶと良いと思います(長く続けるなら20〜30万が相場)

おすすめのグラベルロードバイク

JAMIS RENEGADE A

RITEWAY SONOMA ADVENTURE

GT GRADE ALLOY ELITE

FUJI FEATHER CX+

BREEZER RADAR X ※筆者の持っている自転車

バイクパッキングの道具

続いて自転車にキャンプ道具を積む方法ですが、主に2種類あります。

■バイクパッキングスタイル
メリット:軽い、スタイリッシュ
デメリット:積載量が少ない、総額が高い

■パニアバックスタイル
メリット:積載量が多い、総額が安い
デメリット:自転車全体のボリュームが大きくなる

どちらが良いかは好みにもよるのでなんとも言えませんが、楽なのはパニアバックスタイルだと思います。

おすすめのバイクパッキングスタイル

キャンプ道具

自転車に積むキャンプ道具は軽量でコンパクトなものを選ぶと良いでしょう。
ここでも項目を分けて必要な道具について解説して行きます。

居住空間

まず、絶対に必要なのがキャンプ場で泊まるための道具です。
使うのは主に以下の5点(テント、マット、寝袋、枕、ライト)

テント

場所や季節によってはハンモックやタープでも代用できますが、4シーズンキャンプをするならテントが良いです。
テント選びのポイントは重量とサイズ。
重量は2kg以下で収納サイズが40cm以下になるものが良いと思います。
理由は、自転車のハンドルバックに積むために必要な条件だからです。

おすすめのテント

重量810gと非常に軽量でポール1本で設営できる(筆者が使っているテント)

バイクパッキングに特化したテント(1人用より2人用が良い)

重量1.8kgのワンポールテント。チタン薪ストーブと相性が良い(筆者が使っているテント)

マット

マットは大きく分けて2種類あります。

■エアマット
メリット:軽い、コンパクトになる、断熱性(R値)の高いものを選べる、寝心地が良い
デメリット:パンクの可能性がある、価格が高い


■クローズセルマット

メリット:パンクの可能性がない、価格が安い
デメリット:重い、嵩張る、断熱性が低い、寝心地が悪い

筆者のおすすめはエアマットです。
ただし、パンクをするリスクがあるのでリペアキットや最悪の場合を想定してコンパクトになるクローズセルマットを準備しておいた方が良いです(筆者はパンクして地面で寝た経験があります)

おすすめのマット

超軽量でコンパクト(R値2.3)※筆者が使っているマットはこれ

真冬でも耐えられるマット(R値6.9)

価格と性能のバランスが良いマット

寝袋

都内近郊のキャンプ場でも寒い時期は−5度以下になるので、キャンプをする時期に合わせた寝袋が必要です。
あくまで目安ですが、0度までなら3シーズン用、0度以下では冬用のシュラフを選ぶと良いでしょう。

3シーズン用冬用
ダウン量450g程度600g以上
FP値800以上800以上
構造シングルボックス
参考価格3〜4万円4〜6万円

おすすめの寝袋

シュラフカバーが不要な冬用の寝袋。−5度までは単体で使える(筆者が使っている寝袋)

気温0度付近まであれば単体でも使える3シーズン用の寝袋

モンベルのコストパフォーマンスが高い寝袋

800FPのグースダウンを使ったイスカのフラッグシップモデル

枕は大きく分けて3種類あります。

■エアピロー
メリット:コンパクトになる、軽い
デメリット:寝心地が悪い


■インフレーターピロー

メリット:寝心地が良い
デメリット:コンパクトにならない、重い


■ウレタン素材

メリット:寝心地がまあまあ良い
デメリット:コンパクトにならない、重い

自転車キャンプに限ってはエアピロー1択です。
なぜなら、他のピローのように嵩張るものを持っていく事が出来ないからです。

おすすめの枕

手のひらに収まる大きさの枕。表面の生地が気持ち良い(筆者が使っている枕)

低めの枕が好きな方はこちら

より軽さを重視するならこちら

ランタン

ライトは最低6時間以上点灯し、150ルーメン以上の明るさになるものが良いです。
また、テント内と外で最低2つは持っておいたほうが安心です(予備ランタンとしても使えるので)

結局これが一番使いやすい(中華製の商品で代用しても良い)

最大500lmで6時間以上点灯可能なランタン

焚火関連の道具

焚火台

自転車でキャンプに行っても焚火はしたいですよね!
ただ、自転車に積める焚火関連の道具となると限られてくるので、コンパクトにまとめられるものがおすすめです。

バイクパッキングのバックパックに入るサイズ感が理想ですが、小さめのバックパックを背負えばある程度色々な焚火台を持っていく事が出来ます。
ただ、重量は軽い方が良いので、今回は500g以下の焚火台をいくつか紹介します。

■BELKROOT en.solo

詳しくは以下の記事を見ていただきたいのですが、ソロキャンプに最適な焚火台です。
失敗しない焚火台選び_ソロキャンプで使いやすい焚火台をタイプ別に7点紹介

焚き火で使う道具類

軽量コンパクトな火ばさみ

定番の革手袋

軽くてコンパクトになる焚き火シート

コンパクトでカッコ良い火吹き棒

クッカー類

最低限、鍋があればなんとかなりますが、ご飯を炊いてお湯を沸かすとなると鍋が2つ必要になるので、
スタッキングできるセットを紹介します。

スタッキング方法:エバニューの鍋の持ち手を外すとトランギアにピッタリ入ります(蓋は裏返す)

テーブル&チェア

テーブルはコンパクトで熱に強いアルミ製が良いです。
チェアはHELINOXのグランドチェア一択。

折り畳むとフレームバックに収納できるサイズです。

このタイプのチェアでは最軽量

事前の練習は必要

事前の準備は道具だけではありません。
体の準備もしておかないと悲惨な目に遭うので、自転車を買ったらまずは自分の限界がどこなのか確かめておく必要があります。
筆者は自転車を購入(納車)した日に自宅まで30kmほど走って帰りましたが、翌日体がボロボロ(手と足とお尻が痛い)で、復活するのに2〜3日かかりました。
これが、キャンプの初日だったらと考えるとゾッとしますよね!
だから、事前に自分が何キロくらい走れるのか、走った翌日に自転車に乗れる状態なのかを試してからキャンプに行くことをおすすめします。
ちなみにバイクパッキングをした自転車は10gkほど重くなるので、少し余裕を持った場所を選んでおくと良いでしょう。

おまけ:自転車で疲れた体を癒すのに良いサプリメントを紹介しておきます(アウトドアショップでも購入可能)

YouTube動画

【自転車キャンプ】自転車歴2ヶ月の初心者が人生初の自転車キャンプ_初回からトラブル発生!

コメント